クレンジングオイルが肌に悪いって嘘?正しく使えば美肌にも!

クレンジングオイルって、洗浄力が強くて肌に悪いというのが定説だったりします。でも、クレンジングすることは美肌作りのために必要不可欠。クレンジングオイルはお肌にいいっていう人もいます。実際のお肌への影響はどうなのか、決着をつけたいと思います!

クレンジングオイルがなんか肌に悪い気がする

有名美容家が「クレンジグオイルはお肌に悪い」と言っていることがきっかけで、クレンジングオイルはお肌に悪いというのが定説になりつつあります。私も長年クレンジングオイルを使ってますが、そういえば、あまりお肌の調子が良くない時が多かった気もします。本当に肌に悪いなら、長いことお肌を傷めてきたのかなって、気になってきました。

そういうわけで、クレンジングオイルは本当にお肌に悪いのか、じっくり検証したいと思います。

クレンジングオイルが肌に悪いと言われる理由

お肌に悪いという具体的な理由はどういうものなのでしょうか?いくつかあるようです。

オイル分が皮脂を取りすぎる

油性の汚れには同じ油分が一番汚れ落ちがいいと言います。というより汚れ落ちが良すぎて、必要な皮脂まで取ってしまうおそれが指摘されています。皮脂を取り過ぎると、皮膚が乾燥して潤いのない乾燥肌になりやすくなります。

界面活性剤が多く使われている

クレンジングオイルには、必ずと言ってもいいほど界面活性剤が使用されています。本来、油と水は性質が異なり溶け合うことはありませんが、界面活性剤はそれぞれの界面に働き、両者を混ざりやすくします。このように油と水が混ざり合うことを「乳化」と言います。

その界面活性剤は肌への刺激が強く、お肌のバリア機能を壊して乾燥肌の原因になると言われています。

界面活性剤って絶対に悪い?

クレンジングオイルが肌に悪いと言われる大きな原因のひとつが、界面活性剤にあるようです。界面活性剤って、そんなにお肌に悪いんでしょうか?

そもそも界面活性剤とは

界面活性剤は乳化の働きをしたり、泡立ちを良くしたり、衣類に洗剤が浸み込みやすくしたりと様々な働きをします。種類もいろいろあり、それぞれが異なる作用を持ちます。

界面活性剤は大きく分けて水に溶かしたときに電離してイオンになるイオン性界面活性剤と、イオンにならない非イオン界面活性剤に分類されます。

イオン性界面活性剤はさらに、陰イオン界面活性剤、陽イオン界面活性剤、両性界面活性剤の3種類に分類されます。

これらの界面活性剤がどのように使われているかは、以下の通りです。

 

  • 陰イオン界面活性剤 ・・・合成洗剤に利用・全界面活性剤の約半分を占める
  • 陽イオン界面活性剤 ・・・主に柔軟仕上げ剤やリンス剤、消毒剤等に利用
  • 両性界面活性剤 ・・・洗浄性や泡立ちを高める補助剤等に利用
  • 非イオン界面活性剤 ・・・台所用洗剤やシャンプー等に利用

 

クレンジングオイルに界面活性剤を使用する目的は、乳化のほかに洗浄力を高めることにあります。アイメイクをはじめ油分の多いメイクは落ちづらく、簡単に落ちるようにするためには界面活性剤が欠かせません。簡単に早く落ちることを売りにするクレンジングオイルは、特に界面活性剤を多く使用している傾向にあります。

界面活性剤がお肌に悪いと言われるのは、この洗浄力にあります。長く使うことでお肌のバリア機能を壊してしまうと言われています。

石油系と植物由来

界面活性剤は石油から作られたものが一般的ですが、ヤシなど植物から作られているものもあります。自然にも界面活性成分が存在します。卵黄に含まれる卵黄レシチンや大豆に含まれる大豆レシチンなどがあり、食品の乳化剤に使用されています。マヨネーズの油と卵が良く混ざり合っているのは卵黄レシチンの働きによります。

石油系の界面活性剤は浸透性が高く、皮膚の奥に浸透してタンパク質を破壊すると言います。使い過ぎは肌トラブルの原因になりやすいようです。

一方、植物由来の界面活性剤は、石油系ほどの浸透性はなく作用も穏やかです。植物由来使用のものはコストが高いのが一般的ですが、長い目で安全性を考えたら、こちらがおすすめです。

正しいクレンジングオイルの使い方

「クレンジングオイルは界面活性剤が含まれているから肌に悪い」とは、一般的に言い切れません。濃いメイクは良く落とさなければお肌に悪いのは明らかで、そのためには洗浄力のあるクレンジングオイルも必要です。

クレンジングオイルも正しい使い方をすれば、お肌への負担にはなりません。その方法をご説明します。

乳化がポイント

クレンジングオイルをただ塗るだけではキレイに洗い流せず、オイルが顔に残って肌トラブルが起きやすくなります。クレンジング剤をキレイに洗い流すには、水とよくなじませる「乳化」を行うことがポイントです。

こすりすぎないこと

クレンジングオイルはとても滑らかなので、強くこすりがちになります。そういった摩擦がお肌に負担となるので、優しくなでるだけにしましょう。クレンジングオイルは洗浄力が強いので、それだけでも十分メイクは落ちます。

マッサージをしてはいけない

メイク落としのついでにマッサージをするのは絶対に避けましょう。メイク汚れを毛穴に押し込めてしまうことになります。あくまで優しく浮かせて落とすのがクレンジングオイルの役目です。

長くお肌につけておかない

界面活性剤は非常に浸透性が高いので、お肌に長くつけておくのはNGです。30秒ぐらいで手早く洗うのを心がけましょう。

濃いメークだけに使う

クレンジングオイルの刺激で肌に負担をかけるのをなるべく避けるためには、アイメイクなど濃い部分にだけ使用し、他の部分にはクレンジングミルク等洗浄力が弱くお肌に優しいタイプのものを使うのなど、使い分けするのもいいかと思います。

すすぎはぬるま湯で

すすぐときは人肌程度のぬるま湯で、すすぎ残しのないようしっかりとすすぎましょう。ダブル洗顔は必要ありません。

保湿は十分に

クレンジングオイルは余分な皮脂も洗い流してしまう可能性があるので、洗顔後の保湿は十分にしましょう。これを怠ると、乾燥肌などになりかねません。

お肌に優しい乳化の方法

乳化は、メイクをしっかり浮かせて落とすために不可欠です。その手順は次のようになります。

 

  1. Tゾーンなど、顔の皮脂の多い部分からオイルを手早くのせていきます。
  2. 手のひらに少量の水を取り、手のひらの上でオイルと混ぜ合わせて乳化させます。オイルが白く濁るのが乳化です。
  3. 乳化したオイルを肌全体になじませ、メイクを浮かせます。30秒ぐらいで終わらせます。
  4. しっかり洗い落とします。

負担の少ないクレンジングオイルは?

お肌に負担が強いと言われるクレンジングオイルですが、最近は美容成分が配合されたり負担を軽減した天然成分のものなど、お肌に優しいものが多く販売されています。その中でもおすすめのものをご紹介しましょう。

美容オイル配合で肌に優しい

【TREEバランシング クレンジング オイル】 200ml  4,320円

http://www.threecosmetics.com/

 

美容効果の高い天然由来のオイルを88%も配合し、洗浄力と美肌ケアの両立を目指したクレンジングオイルです。界面活性剤も植物由来で、使い心地も香りも抜群。口コミでも高い評価を得ています。

使用されている全成分は次の通りです。

 

  • ブドウ種子油
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  • チャ実油
  • スクワラン
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • トリイソステアリン酸PEG—20グリセリル
  • イソステアリン酸、ペンチレングリコール
  • ローズヒップ油
  • ホホバ種子油
  • ローズマリー油
  • アルガニアスピノサ核油
  • シア脂
  • ミツロウ
  • オレンジ果皮油
  • ベルガモット果実油
  • ニュウコウジュ油
  • マヨラナ葉油
  • メドウフォーム油
  • オリーブ油
  • テオブロマグランジフロルム種子脂
  • イソステアリン酸PEG—12
  • トコフェロール
  • フェノキシエタノール

 

このうち界面活性剤は、トリイソステアリン酸PEG—20グリセリル、イソステアリン酸PEG—12の2種類のみで、他の製品と比べて最小限にとどめられています。その一方で、精油や美容成分が豊富に配合されています。

プチプラだけど質はいい

【カウブランド無添加メイク落とし】 150ml  880円(税抜)

http://www.cow-mutenka-fc.jp/lineup/make-otoshi-oil/

 

着色料・香料・防腐剤・品質安定剤や鉱物油、アルコールを含まず、お肌に優しく作られています。天然のセラミド成分を含み、保湿力に優れています。クレンジングオイルは通常、濡れた手では使えませんが、こちらは大丈夫なので、お風呂でもメイク落としができます。

お安いお値段で十分な品質を持つので、とても人気があります。

全成分は以下の通りです。

 

  • エチルヘキサン酸セチル
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
  • トリエチルヘキサノイン
  • ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリン
  • ラウリン酸PEG-12
  • DPG
  • BG
  • セラミドNG
  • イソステアリン酸ポリグリセリル-4
  • イソステアリン酸
  • グリセリン

 

このうち界面活性剤はトリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリンの2種類と少なく、後者は植物由来になります。

 

クレンジングオイルは強い洗浄力。正しい使い方をすればお肌に負担はかけない!

クレンジングオイルのお肌への影響について、まとめてみました。その強い洗浄力は、メイクをキレイに落とすために必要なもの。部分使いをしたり、正しい使い方をすることでお肌への負担を減らすことができます。上手に利用して、美肌を実現してくださいね!