高校生でも簡単!自宅でできる簡単肌を綺麗にする方法

思春期ニキビなど肌トラブルで悩んでいても、スキンケアに使うお金もないし・・と諦めていませんか。実は自宅で簡単に肌を綺麗にすることができるのです。ここでは、思春期ニキビの特徴と原因、そしてお金をかけずに自宅でできる肌ケアの方法をご紹介します。

高校生肌荒れの原因!思春期ニキビってなに?

思春期ニキビの特徴

多くの中高生が悩んでいる思春期ニキビ。思春期ニキビとはその名の通り10代の思春期の頃に出来るニキビのことです。個人差はありますが、特にTゾーンと言われるおでこや鼻筋に出来やすいのが特徴です。

大人ニキビとの違い

大人ニキビと思春期ニキビは、年齢の他にもニキビが出来る場所に違いがあります。思春期ニキビがTゾーンに出来やすいのに比べて、大人ニキビはUゾーンと言われるフェイスラインなどに出来やすいと言われています。

原因も違うので改善策も異なります。思春期ニキビは成長ホルモンの影響が大きいのに対し、大人ニキビは様々な要因があってひとつに絞れないのが特徴です。ストレスや食生活、寝不足、化粧品、飲酒や喫煙など人によって異なる原因があり、生活習慣全体を見直す必要があります。

思春期にニキビが出来る原因って?

成長ホルモンの影響

10代の第二次成長期の頃に現れる思春期ニキビ。身体の成長には成長ホルモンが関係しているのはご存知の方も多いでしょう。ニキビの原因にはこの成長ホルモンが大きく影響すると言われています。

成長ホルモンは皮脂腺を刺激して、顔の皮脂分泌が活性化します。皮脂分泌量が増えると、毛穴から皮脂の排出が追いつかずに詰まりやすくなり、毛穴の中でニキビ菌が増殖してしまい、ニキビができるというメカニズムです。

ストレスや生活リズムの乱れ

ストレスや睡眠不足、偏った食生活など生活リズムの乱れもホルモンバランスを崩す原因になり、ニキビが出来やすくなります。

部活や勉強、バイトや友達との遊びなど何かと忙しい中高生は、生活リズムが乱れがちになってしまいますが、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

アクネ菌の繁殖

アクネ菌というニキビの菌があります。しかし、アクネ菌自体は誰の肌にも存在する菌で、肌のバランスを維持するという重要な役割があります。アクネ菌がいるから即ニキビが出来るというわけではありません。

しかしアクネ菌は皮脂を栄養素としているため皮脂分泌量が増えると、必要以上に繁殖してしまいます。繁殖したアクネ菌は皮脂を分解して脂肪酸という脂へ変化させます。そして脂肪酸がニキビを悪化させ、炎症を伴った赤ニキビが出来てしまうのです。

自宅で簡単!肌を綺麗にする方法

食事メニューの見直し

ニキビ予防、改善のために必要な栄養素は緑黄色野菜やレバーなどに多いビタミンAや大豆製品や魚などに多いビタミンB群類、パプリカやアセロラ、キウイに多いビタミンC、牡蠣やうなぎなどの亜鉛や、ごぼう、納豆に多い食物繊維などになります。

多くは野菜や魚に含まれるため、バランスのよい和食メニューがニキビ改善のためによいと言われています。ニキビに悩んでいる方は毎日の食事メニューを和食中心に見直してみてはいかがでしょうか。

逆にニキビによくないのが中高生の方たちが大好きな揚げ物など脂っこいものやクリーム系やチョコレートなどのスイーツです。全く食べないのはストレスが溜まるのでたまに食べる分にはいいですが、ほどほどにしておきましょう。

正しいスキンケア

ニキビにおいて洗顔、保湿は非常に重要です。洗顔によって余分な皮脂を落とし、化粧水などで保湿することでしっかり水分を肌に浸透させることができます。しかし、間違ったスキンケアをしていてはニキビの改善には繋がりません。正しい方法と順番を紹介します。

顔を温める

お風呂に浸かったり、ぬるま湯で軽く洗ったり、蒸しタオルを顔に乗せたりして、まずは顔を温めて毛穴が開かせます。毛穴を開かせることによって、毛穴の奥の皮脂や汚れまで取ることができます。

洗顔料を泡立てる

洗顔料をしっかり泡立てます。100均などで売っている泡立てネットを使うとよく泡立つのでおススメです。洗顔にはこの泡を使用するので、ここは面倒臭がらずしっかり泡立てるようにしましょう。

顔を洗う

そして顔を洗っていきます。ゴシゴシ洗うと刺激が強すぎるため、泡のクッションで優しく円を描くように顔全体をマッサージしていきます。なるべく手が直接肌に触れないようにしましょう。

ぬるま湯で洗い流す

洗い終わったら素早くぬるま湯で洗い流します。泡が残るとニキビの悪化に繋がりかねないので、しっかりと洗い流しましょう。

タオルで拭き取る

そしてタオルでポンポンと優しく水分を拭き取ります。このとき強くゴシゴシと拭いては肌を傷つけてしまいますので気を付けましょう。

保湿をする

最後に化粧水や美容液などで保湿を行います。洗顔から保湿まで全てにおいて、とにかく優しく行うことが最大のポイントです。

質の良い睡眠

寝不足解消のためには6時間以上の睡眠がおすすめです。しかし睡眠時間ももちろん大切ですが、ただ長時間寝るだけでは質の良い睡眠とは言えません。実は睡眠中にはお肌の修復力が高くなる時間というものがあります。それが寝入ってから3、4時間程度と言われていて、その時間にしっかり熟睡していることが大切になります。

質の良い睡眠を取るためには、寝る直前にはスマホやPCは触らないこと、カフェインを取らないことなどが必要になります。寝る前にベッドの中で友達とLINEをやったり、ゲームをしたくなりますが、キレイな肌を得るためにもやめるようにしましょう。

生活習慣の見直し

綺麗な肌を手に入れるためには、生活習慣を根本的に見直す必要があります。基本的なことではありますが、食事、睡眠、運動がとても大切です。上記で述べたバランスのよい食事、質の良い睡眠の他に軽くでもよいので、運動を定期的に行うようにしましょう。

運動することにより血行がよくなり、肌トラブルも改善していきます。健康的な体作りにもなるし、ストレスにも効果的です。

間違ったケアには要注意!!

洗顔のやり過ぎ

顔を清潔にすることは綺麗な肌作りにはとても大切ですが、1日に何度も洗顔することは逆効果です。たくさん洗顔することで肌を傷つけてしまい、必要以上に乾燥させてしまったり、バリア機能を落としてしまうことになり、よけいニキビを増やすことにもなりかねません。

基本的には朝と夜の2回で十分です。どうしてもべたつきが気になるなら、洗顔料は使わずに水のみで優しく洗い流すようにしましょう。

肌に合ってない洗顔アイテム

ニキビの出来る場所や症状は人それぞれです。今は様々なニキビ用洗顔アイテムがありますが、自分の肌に合っていないアイテムを使用してしまうとニキビの数が減らないどころか、ニキビを悪化させてしまうかもしれません。

例えば炎症している赤ニキビが多い場合は炎症を押さえる成分の洗顔剤、白ニキビの場合は古い角質を取り除く成分の洗顔剤が向いています。炎症しているのに白ニキビ用を使っていても意味がありません。自分のニキビの状態に適した洗顔アイテムを選ぶようにしましょう。

肌を綺麗にする方法は高校生でも簡単にできる!

思春期ニキビの改善と予防には、食事、睡眠、運動という規則正しい生活習慣と正しいスキンケアが大切です。高いスキンケア商品を購入したり、クリニックへ行ったりなどお金をかけなくても、家で簡単に出来ることばかりです。

やり始めて2、3日で治る!というような短期的な改善は無理ですが、毎日コツコツと行うことで必ず肌は綺麗になっていきますよ。