陥没したニキビ跡を治したい!肌タイプ別おすすめ治療法

今回は、陥没したニキビ跡の治療法についてご紹介します!ニキビ跡だけでも厄介なのに、陥没した状態のニキビ跡だと、さらに治療法にこだわらなければいけないものです。できるだけ早く解消するためにも、知識を理解しておきましょう。

陥没したニキビ跡に効果的な治療法はある?

クレーター肌の人は、メイクにも一工夫が必要。「ボコボコになっているから、化粧下地はしっかり行わなければいけない」と言ったこだわりがあるはずです。できることなら、肌自体を美しく改善したいと思っている方が多いのでは。

陥没したニキビ跡の治療法~セルフケア編~

もちろん、セルフケアでも治療することができます。

ピーリング

「ピーリング」というのは、古い角質を取り除いてくれる効果があります。古い角質は肌がくすんで見えたりするので、取り除いた方がいいとされているのです。さらにニキビが炎症する可能性も高くなると言われています。

だからこそ、ピーリングを使用しましょう。数あるピーリングの中でも「フルーツ酸ピーリング」がオススメです。陥没したニキビ跡は敏感になっています。だからこそ、肌に優しい「天然由来成分」で作られている(りんご酸、クエン酸、乳酸)、比較的肌への刺激が少ないものを使用しましょう。

ビタミンやタンパク質の摂取

美肌へと導いてくれる食材、「ビタミン」「たんぱく質」を摂取しましょう。ビタミンB2、ビタミンB6である、アーモンド・卵類・牛乳はオススメです。そして、たんぱく質は、無糖ヨーグルト・チーズ・小魚がオススメです。

規則正しい生活

さらに規則正しい生活が大事です。22時〜2時の間には就寝しておきましょう。というのもこの時間帯は、成長ホルモンが分泌される時間と言われているからです。

陥没したニキビ跡の治療法~専門医編~

レーザー治療

まずはレーザー治療で解決できるものもあります。主に3つのレーザー治療がありますので、参考にしてください。

フラクショナルレーザー

レーザー治療の中でも痛みが少ないと人気の高いものです。ニキビ跡による肌の凸凹だけではなく、肌のくすみ、小じわにも効果的なのだとか!

炭酸ガスレーザー

特に炭酸ガスレーザーは、「ホクロの除去」に効果的だと言われています。ほくろを物理的に取り除く方法なのだそうです。除去してから1ヶ月〜3ヶ月は少し赤みが出てくるそうなのですが、それほど気になる赤みではないそう。

クールタッチレーザー

肌の再生医療に効果的なレーザーなのだそうですよ。ニキビ跡だけではなく、深いシワも自然に改善してくれるのだそうです。というのも、レーザーによって、部分的にダメージを与えることによって、コラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出してくれる、線維芽細胞の働きを活性化させるのです。これによって、自然に美しい肌をつくりあげてくれますよ。

FGF治療

美肌を手に入れたいという方にとってFGFは欠かせません。なぜならば、肌の弾力・ハリを保ってくれる、コラーゲン・エラスチンと言った「タンパク質」を増やしてくれるのです。

ピーリング治療

クリニックで使われるピーリングは、「ケミカルピーリング」というものだそうです。普通のピーリングと、使用目的は同じです。ただ、「薬」を使用して、古い角質を取り除く方法ですので、人によっては肌荒れ・赤みなどが出る可能性があるそうです。敏感肌の方は、できるだけケミカルピーリングはやめておいた方がいいですね。

クレーター肌別!おすすめ治療法

そこでオススメの治療法をいくつかご紹介します。自分に合った治療法を行うといいですよ。

アイスピックタイプ

皮膚表面から、奥深くまで凹んでしまっている肌状態のことを指します。通常、肌にできてしまうニキビは「真皮」が残っている状態。
しかしアイスピックタイプのニキビは、真皮が残っていません。よって、レーザー治療を行うことは難しいと言われています。

ローリングタイプ

約4mm程度の丸みのある凹みのことを指します。このように、溝は浅いものの、範囲が広く大きな肌のことを指します。化粧で隠すのは難しく、セルフケアで治すには根気が必要。こちらも、レーザーやFGFの治療がオススメです。

ボックスタイプ

最後にご紹介するのが、この「ボックスタイプ」です。アイスピックタイプよりも大きな範囲で溝ができ、その境目が極端なため目立ちやすいと言われています。ローリングタイプより底の部分が平らな状態です。深さが浅ければ、化粧で隠すことは可能ですが、セルフケアもやってみるといいでしょう。

この場合はピーリング治療がオススメです。

自分に合った治療法で目指せ!つるつる肌!

陥没したニキビ跡の治療法についてご紹介しました。凸凹としたお肌は、できるだけ改善してツルンッとした肌になりたいですよね。今回、様々な治療法をご紹介しましたので、自分に合った治療法で改善していきましょう!